サンプルアイチャッチ

『The Tony Bennett Bill Evans Album』 Tony Bennett


Tony Bennett & Bill Evans Album

1.Young And Foolish
2.Touch Of Your Lips
3.Some Other Time
4.When In Rome
5.We'll Be Together Again
6.My Foolish Heart
7.Waltz For Debby
8.But Beautiful
9.Days Of Wine And Roses

Bill Evans (p)
Tony Bennett (vo)

録音:1975年6月10日~13日
レーベル:Fantasy

メモ


男性ヴォーカルTony Bennettとのデュオアルバム。

Tony Bennettの歌声はとっても素晴らしいんですが、Evansのピアノとマッチしているかといったら、何とも言えないところ。
オーケストラにもビッグバンドにも負けそうにないパワフルなヴォーカル。
どうも組み合わせが良くない気がする。

単にBill Evansの歌伴が聴いてみたい、ということならMonica Zetterlundとの共演盤(『Waltz For Debby』)をおすすめしたい。

このアルバムの良い点を上げるとしたら、ほとんどEvansのレパートリー曲なので聴き比べが楽しいこと。
もう一つ、デュオという性質上歌っていない間は実質一人なので、イントロや間奏ではソロピアノスタイルでの演奏を聴けること。

今回の「Waltz for Debby」の歌詞は英語。
Monicaバージョンのスウェーデン語がとても印象深かったので、逆に新鮮。

初心者には?


Bill Evansの演奏をいくつか聴いていて、その曲のヴォーカルバージョンを聴いてみたいと思った方にはおすすめ。
ただ、前述のようにMonica Zetterlundとのアルバムのほうがよりおすすめではある。

Tony Bennettの歌声が「ジャズ・ヴォーカル」というより「ポピュラー・ヴォーカル」に近いイメージなので、試聴して確認を。

Pick up!!


2.The Touch Of Your Lips
約半年後、『Alone(Again)』にソロピアノで録音しています。
そのテイクとの聴き比べが楽しい。

9.Days Of Wine And Roses
晩年によく演奏していた曲。酒とバラの日々。
もっともこの曲が使われた映画の公開が1962年なので、初期には演奏できるはずがないのですが。