サンプルアイチャッチ

『Bill Evans at Town Hall』 Bill Evans Trio


Bill Evans at Town Hall

1.I Should Care
2.Spring Is Here
3.Who Can I Turn To
4.Make Someone Happy
5.In Memory of His Father
:Prologue/Story Line/Turn Out the Stars/Epilogue

Bill Evans (p)
Chuck Israels (b)
Arnold Wise (ds)

録音:1966年2月21日
レーベル:Verve

メモ


ニューヨーク、タウンホールでの演奏!
多くのライブ盤で聴くものとは質の違う上品な拍手。

音質もやわらかめ、雰囲気的には落ち着いたアルバムとなっています。ドラムの音量が控えめ。
ただ、調子が悪かったのか、Arnold Wiseとの共演歴の浅さからか、ホールの音響でのやりにくさか、全体的にほんの少しリズム面の危なっかしさを感じるような。時折もつれ気味。

このアルバムでドラムを叩いているArnold Wise氏に関してはほとんど情報が無し。情報求む。

注目は、5.のソロピアノによる13分以上ものメドレー。
映像が残っていないので分からないことですが、この演奏の間、ベースとドラム奏者はさすがに舞台袖へ移動していたのかな。

演奏中の騒音はほとんどなく(耳を澄ますと静かな場面で、ゴホッと咳は聴こえたりする)、メドレー最後の「Epilogue」(『Everybody Digs Bill Evans』にも収録されているあの曲。)から拍手への流れは、印象派のコンサートを聴いているような気分になります。



初心者には?


演奏は堅実。

誰でも知っている定番曲ではないけれど、やや有名くらいのジャズナンバーが並んでいます。

初心者から、もうちょっとレベルアップしたい方にきっとおすすめ。
他のアルバムでも演奏している曲が多いので、聴き比べする1枚として良し。



Pick up!!


6.Beautiful Love
7.My Foolish Heart
8.One for Helen
CDのボーナストラックとして収録されているもの。レコードに入りきらなかったものかな。
2年後の『At The Montreux Jazz Festival』のイメージが強い「One for Helen」。この時点の演奏との聴き比べが面白い。
ソロ中盤(ベースソロに移る前)、フレーズがまとまりにかけ、リズムがもつれています。やりにくそう。