サンプルアイチャッチ

『Stan Getz & Bill Evans』 Stan Getz Bill Evans


ワルツ・フォー・デビー+6

1. Night and Day
2. But Beautiful
3. Funkallero
4. My Heart Stood Still
5. Melinda
6. Grandfather's Waltz

Bill Evans (p)
Stan Getz (ts)
Elvin Jones (ds)
1~3 Ron Carter (b)
4~6 Richard Davis (b)

録音:1964年5月5日、6日
レーベル:Verve

メモ


個性と個性がぶつかり合い、それでもうまく絡み合っているアルバム!

リズム隊にはElvin Jones、Ron Carterといった豪華メンバー。

Bill EvansとStan Getz、2人の共演という時点で、すでに大きな化学反応が予想される感じ。
そこに、どちらかと言えば激しいドラミングを得意とするElvin Jonesが加わって、
滅茶苦茶になりそう...と思いきや、全員が「らしさ」を発揮できているアルバムに仕上がっていると思います。

自身も「歌う感覚」を大切にしていて、ヴォーカリストの伴奏録音も意外と多く残しているBill Evans。
「歌心」のあるホーン奏者とは、相性の良さを感じます。



初心者には?


同時期、「新主流派」なサウンドへ染まっていき、初心者にとってはちょっと難解なMiles Davisのアルバムの空気感とは違う、とても王道な演奏。

定番スタンダードとしてたくさんのミュージシャンに演奏されている「Night and Day」「But Beautiful」「My Heart Stood Still」といった曲も収録されていて、充分におすすめできます。

トリオ+サックス編成のアルバムには他に、『Know What I Mean?』もあります。



Pick up!!


1. Night and Day
シングルトーンが小気味良いEvansのソロ!

テーマに戻る前の「ズコボコバコボコ」なElvin Jonesのドラムソロも聴きどころか。

なぜかフェードアウトで終わります…。

6. Grandfather's Waltz
Bill Evansと言えばやはりワルツ。
ピアノイントロはポップで甘すぎる感じもするけれど、
その後の熱いサックスソロ、手数多めのドラミングとのコントラストで良いバランスに。

かなり耳に残る良曲だと思うのですが、この曲のこと、あまりよく知りません。
他のミュージシャンによる演奏もあまり聴かないですよね…??情報求む。

こちらの曲もフェードアウトで終わってしまうのがなんだかな。