サンプルアイチャッチ

『Know What I Mean?』 Cannonball Adderley


Know What I Mean

1. Waltz For Debby
2. Goodbye
3. Who Cares
4. Venice
5. Toy
6. Elsa
7. Nancy
8. Know What I Mean?

Cannonball Adderley (as)
Bill Evans (p)
Percy Heath (b)
Connie Kay (ds)

録音:1961年2月2日
レーベル:Riverside

メモ


録音時期は『Explorations』の前後。
1958年にCannonballと共演した『Portrait of Cannonball』はファンキーな曲も多く、Bill Evans色は控えめでしたが、こちらのアルバムは両人の良さが出ています。
単純に「Waltz For Debby」が一曲目に来ているあたりも、Bill Evans名義のアルバムだと錯覚しそうな感じ。

本家『Waltz For Debby』を聴いて、表題曲を気に入ったのならこのアルバムもおすすめできます。
Cannonballが大暴れする!かと思いきや、ささやくような音色で、この曲にかなりマッチしているのです。

片やファンキー、片やリリカル、一見相容れなさそうな二人ですが、「歌心」という軸が上手く噛み合ったイメージ。
逆に、Cannonballと同じくMilesバンド在籍時にサックスを吹いていたJohn Coltraneとは、「モードへの関心・理解」という共通点がありながらも相性がかなり悪かったようで、まともな共演盤が残っていない事実が興味深い。

リズム隊の二人は、かなり主張が控えめ。主役の二人を影から支えるような演奏です。

初心者には?


全体的にオーソドックスな演奏なのでおすすめできます。
Explorations』や『Waltz For Debby』をひと通り聴いた後にぜひぜひ。

Pick up!!


6. Elsa
Explorations』で録音してからほとんど間もない演奏のため、聴き比べがとても楽しい!