サンプルアイチャッチ

『Portrait in Jazz』 Bill Evans Trio


Portrait in Jazz

1. Come Rain Or Come Shine
2. Autumn Leaves
3. Autumn Leaves (Mono)
4. Witchcraft
5. When I Fall In Love
6. Peri's Scope
7. What Is This Thing Called Love
8. Spring Is Here
9. Someday My Prince Will Come
10. Blue In Green

Bill Evans (p)
Scott LaFaro (b)
Paul Motian (ds)

録音:1959年12月28日
レーベル:Riverside

メモ


リバーサイド4部作」と呼ばれるもの中で、最も早く録音されたものです。
時期的にはMiles Davisの『Kind of Blue』でのレコーディングから半年以上経過しています。

一般的にBill Evansは、このジャケットの印象もあって「理知的」「真面目」「繊細」なイメージを持たれているのだと思います。
が、彼のことを色々調べていくとたくさんの違う面が発見できて、「理知的」なイメージはむしろ自覚的に演出していたのではないか、と思う部分もあります。

このアルバムで、黄金トリオによるインタープレイがはっきりと確立された感じ。
4部作の他のアルバムと比べると、Evansの演奏スタイルが微妙に違います。この時期のほうが少しすっきりしているかな。

初心者には?


初心者が手に取りやすいであろう1枚ではあるけれど、ちょっとだけ分かりにくい部分もあるので注意です。後の世に残る名作というのは、どこかに革新的な部分があるもの。

超有名曲「枯葉」こと「Autumn Leaves」を聴いてみても、まず上手く拍子を数えられない複雑なイントロに始まり、ベースは普通のウォーキングベースとは違うふわふわしたラインを弾きはじめる。
テーマが終わり、ピアノソロだ!と思ったら最初にソロをとるのはベース。しかもベースソロの最中にピアノも一緒にアドリブのようなものを弾いている。
そういうところが面白い部分ではあるのですが、初めてこれを聴いたらちょっと戸惑ってしまうかも!

Pick up!!


2. Autumn Leaves
面白いリズムのイントロ、テーマ部分の程よいキメ、
ベースとピアノの絡み、変化に富んでいてメロディックなピアノソロ、
文句なしのテイクです。

「ピアノトリオで枯葉を演奏する」ことを定番とさせた演奏だと思います。

9.Someday My Prince Will Come
白雪姫の「いつか王子様が」です。
ディズニーのワルツ曲は不思議なほどBill Evansにマッチします。

この時点ではおとなしい演奏。
後の時代のライブでは、暴れるような高速ソロを弾く曲になっていきます。