サンプルアイチャッチ

『Everybody Digs Bill Evans』 Bill Evans


エヴリバディ・ディグズ・ビル・エヴァンス+1

1.Minority
2.Young And Foolish
3.Lucky To Be Me
4.Night And Day
5.Epilogue
6.Tenderly
7.Peace Piece
8.What Is There To Say?
9.Oleo
10.Epilogue

Bill Evans (p)
Sam Jones (b)
Philly Joe Jones (ds)

録音:1958年12月15日
レーベル:Riverside

メモ


2つ目のリーダー作。
面白いジャケットになっています。
タイトルのしたに添えられているのは、ジャズ界著名人たちによる賛辞とサイン。
順番に、Miles Davis、George Shearing、Ahmad Jamal、Cannonball Adderleyですね。
各人に保証されたアルバムだよ!っていうことなんでしょうか。

もう少し後のスタイルに比べると、Bill Evans"らしくなさ"もたくさん聴けるアルバム。
Portrait In Jazz』以降の、全体の質感が揃っている感じは無いように思います。
いろんな曲調、アレンジの演奏を収録。アドリブでもあの手この手を試しているような。

「Oleo」のソロでは左手バッキングほぼ無しで、アウト気味のフレーズを凝ったリズムで展開。
すごく音楽的に面白くはあるのですが、あまり好きにはなれません。

ドラムを叩いているのは、MilesバンドのPhilly Joe Jones。
Bill Evans Trioのレギュラードラマーになることは一度も無かった彼ですが、この後、何度も何度も共演をします。
どちらかというと激しい演奏が得意なドラマーで、Evansとあまり相性が良いとは思えないんですが、
お気に入りのドラマーだったのでしょうか。(ドラッグ仲間ではあったようです。)


初心者には?


ややオススメ。
とっつきにくい要素は特にありません。

Riverside(リバーサイド)四部作をひと通り聴いて、もう少し昔の演奏を聴いてみたいと思ったのならこれが良いのかも。
元気な演奏からしっとり系までバランス良く収録されています。

Pick up!!


5.Epilogue 10.Epilogue
Bill Evans作曲。短くシンプルなソロピアノの小品です。
CDだと2箇所に収録されている形になるこの曲。レコードでは、各面の最後に収録されている形。
完全4度、完全5度が多用されていて、どこかドビュッシーの時代を思わせる印象派風。

7.Peace Piece
定形のベースライン+和音をひたすら繰り返し、その上でアドリブを展開していくという構造の曲。
アプローチは面白いのだけれど、「カクテル・ピアニスト」と言われても仕方がない甘ったるい雰囲気ではあります。