サンプルアイチャッチ

『At Newport 1958』 Miles Davis


エヴリバディ・ディグズ・ビル・エヴァンス+1

1.Introduction By Willis Connover
2.Ah-Leu-Cha
3.Straight, No Chaser
4.Fran-Dance
5.Two Bass Hit
6.Bye Bye Blackbird
7.The theme

Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Julian Cannonball Adderley (as)
Bill Evans (p)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)


録音:1958年7月3日
レーベル:Columbia

メモ

『1958 Miles』から一ヶ月ちょっと後のライブ盤。
後に『Kind of Blue』をレコーディングするメンバーでもある豪華な布陣。

1.は楽曲演奏ではなく、各メンバーの紹介です。
Jimmy Cobb→Paul Chambers→Bill Evans→John Coltrane→Cannonball Adderley→Miles Davis の順に紹介されていくのですが、拍手の勢いでメンバーの人気格差が分かるようなものになっています。 Bill Evansの拍手は、かなり控えめ…。Cannonball Adderleyは送られる声援もなんだか陽気!そしてMilesの人気はとにかく圧倒的。
紹介に続いてそのままアップテンポの2.Ah-Leu-Chaになだれ込んでいく流れはかっこいい!

しかし、このアルバムの中でBill Evansはぜんぜん目立ちません。
そもそも、Bill Evansのソロがあるのは3.Straight, No Chaserと、4.Fran-Dance、6.Bye Bye Blackbirdの3曲だけ。
白熱するサックスソロの後に、ややしっとりめの演奏をするBill Evansのソロで、会場が盛り上がっていたのかどうかはとてもあやしい。この曲で初めて彼の演奏を聴いた観客は、どんな印象を受けたんだろうか。


初心者には?

各メンバーの演奏はお見事。スタンダード曲もいくつか入っていますし、演奏は分かりやすいハードバップスタイル。「勢いのあるハードバップのライブ盤」を聴いてみたいと思った方にはおすすめできます。
ただ、Bill Evansはあまり目立たない!Bill Evansの演奏を聴きたいということなら、他のアルバムの方がオススメ。


Pick up!!

4.Fran-Dance
『1958 Miles』でも録音していた、Milesのオリジナル曲。Bill Evansのソロは最初シングルトーンからスタートしますが、途中からは和音を聴かせるような演奏に。他の曲と比べたらBill Evansらしさが出ているような感じがします。