サンプルアイチャッチ

『1958 Miles』 Miles Davis


1958マイルス+2

1. On Green Dolphin Street
2. Fran Dance
3. Stella By Starlight
4. Love For Sale

Miles Davis (tp)
Cannonball Adderley (as)
John Coltrane (ts)
Bill Evans (p)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

録音:1958年5月26日
レーベル:Columbia

メモ


Bill EvansがMilesバンドへ加入後のスタジオ盤。
加入したのは4月らしいので、直後といえば直後?

『Kind of Blue』と同じメンバー(あちらは一曲Wynton Kellyがピアノを弾いているけれど)による録音。
もちろん『Kind of Blue』は歴史的な傑作。それに比べれば地味な一枚ではあるんですが、こちらはスタンダードナンバーを演奏しつつも、全員が個性を遺憾なく発揮できているアルバムだと思います。

Miles Davisのスタジオ盤を年代順に追って聴いていった場合、『Milestones』、『Somethin' Else(Cannonball名義)』と来て、この『1958 Miles』の1曲目を鳴らした時、明らかに空気が変わるのが楽しい。

前任のピアニスト、Red Garlandも印象に残るイントロをたくさん録音してきた奏者です。ただ、Bill Evansとは全くタイプが違う。「On Green Dolphin Street」のルバート気味なイントロは、新しい時代を感じさせます。


初心者には?


とっても演奏の質が高く、且つ聴きやすいのでおすすめできます。

「On Green Dolphin Street」「Stella By Starlight」「Love For Sale 」の3曲は、誰もが聴いたことのあるような超有名曲ではないけれど、度々演奏される定番ジャズナンバー。
このアルバムで聴き慣れるのも良いのでは。

Pick up!!


1. On Green Dolphin Street
曲の入り方、Milesのテーマの吹き方、エンディングでのサックス2人によるハモリなど、かなり丁寧に演奏されている感じがします。
それでいて、各人ソロでは良い意味で好き放題。
大事な音"のみ"吹くMiles、常人の倍の処理速度で吹くColtrane、とにかくファンキーなCannonball、静かに燃えるBill Evans。

間違いなくベストテイク!