サンプルアイチャッチ

ミニ解説付きディスク一覧

200枚近くあるBill Evansの参加したアルバムのうち60数枚ほどを、とりあえずメモ程度の解説とともに紹介。

◆名義◆
ジャケットを見ても、どれが正式名義なのかあやふやなものもありますが、分かる範囲で。

◆評価◆
評価なんていうと偉そうですが、演奏の質、歴史的な価値、あと個人的な好みでもつけています。参考程度に。

◆初心者向け◆
ジャズ初心者が買って失敗しないかどうかを基準に考えて付けています。
「とっつきやすさ」なんかに言いかえても良いかも。
内容が素晴らしくても、音質の酷いもの(プライベート録音やラジオ音源など)や、コアなファン向けのものは△や×にしています。

アルバム名 名義 コメント 評価 初心者
向け
1940年代    
Very Early Volume 1 Bill Evans 若き日の発掘音源集。
×
1950年代        
The Singing Reed Lucy
Reed
女性ヴォーカルの歌伴。
ピアノの音量小さめ。
×
A Message From Garcia Dick
Garcia
ギタリストのアルバム。
Evansは3曲のみ参加。
×
New Jazz Conceptions Bill Evans

初のリーダーアルバム。
トリオ編成。

Tenderly Bill Evans
Don
Elliott
ヴィブラフォン奏者との
未発表音源。
セッション的。
×
East Coasting Charles Mingus
ベーシストCharles Mingusのアルバムに参加したもの。
Bill Evans色は弱め。
×
Guys and Dolls Like Vibes Eddie Costa Quartet
ミュージカルから選曲。
ヴィブラフォンを含むカルテットで、演奏内容はオーソドックス。
Radio Broadcasts 1958-1959 Miles Davis Quintet And Sextet ラジオ放送音源より。
貴重だけれど音質悪し。
×
1958 Miles Miles
Davis
Milesバンドでのスタジオ盤。スタンダード中心。
Legrand Jazz Michel
Legrand

Michel Legrandのアレンジ、指揮によるジャズ。Evans参加は4曲のみ。

Portrait of Cannonball Cannonball Adderley Quintet Cannonballのアルバムに参加。「Nardis」初登場だけれど微妙なテイク。
At Newport 1958 Miles
Davis
Milesバンドでのライブ盤。Evansの活躍は控えめ。
Modern Art Art Farmer サイドマンとしての参加。Evans色は薄いけど聴きやすいハード・バップ。
Jazz At The Plaza Miles
Davis
Sextet
Milesバンドでのライブ演奏。発売されたのはかなり後年になってから。
Everybody Digs Bill Evans Bill Evans リーダー作二枚目。トリオ編成。
Chet Chet Baker Chet Bakerとの共演。しかし演奏全体がぬるい温度?
Green Dolphin Street Bill Evans with Philly Joe Jones Milesバンドのメンバーによるトリオ。
Kind of Blue Miles
Davis
Milesバンドに参加した大傑作のスタジオレコーディング盤。
The Ivory Hunters

Bob Brookmeyer
Bill Evans

2台ピアノによる特殊な演奏。 ×
At Last Tony Scott with 各メンバー クラリネットを含むカルテットでの演奏。客席がやや騒がしいライブ盤。 ×
Sung Heroes Tony Scott featuring 各メンバー Tony Scott以外は、黄金トリオメンバー。 ×
Portrait in Jazz Bill Evans Trio 超有名盤。枯葉収録。間違いない一枚。
1960年代     評価 初心者
向け
The Soft Land of Make Believe Frank Minion ヴォーカルによる名演の再現。 ×
The 1960 Birdland Sessions Bill Evans Trio 音質は最悪だが、この時期の演奏をもっと聴きたければ。 ×
Know What I Mean? Cannonball Adderley with Bill Evans 再びCannonballとの共演。こちらはEvans色が強め。
Explorations Bill Evans Trio 絶頂期のスタジオ盤。
Sunday At The Village Vanguard Bill Evans Trio 「Waltz For Debby」と同ライブの音源。
Waltz For Debby Bill Evans Trio 知名度も評価もとっても高い一枚。
Nirvana Herbie Mann & The Bill Evans Trio ピアノの音割れがひどい。Evansの弾く「Gymnopedie」は貴重だけれど。
Time Remembered Bill Evans 未発表音源集。ソロピアノ演奏も多数収録。
Undercurrent Bill Evans Jim Hall 上質なピアノとギターのデュオ。
Moon Beams Bill Evans Trio トリオ編成でしっとり曲中心。
How My Heart Sings! Bill Evans Trio トリオ編成。名曲揃い。
Interplay Bill Evans with 各メンバー 豪華メンバーによる熱い演奏!
Empathy Bill Evans Shelly Manne with Monty Budwig
ドラマーShelly Manneとの共演盤。
Loose Blues Bill Evans 『Interplay』に近い編成。こちらは完成度がいまひとつ。
The Solo Sessions Volume 1 Bill Evans お蔵入りしていたソロピアノ音源集。
The Solo Sessions Volume 2 Bill Evans こちらはそのVolume2。
Conversations With Myself Bill Evans 一人ピアノ多重録音。
At Shelly's Manne-Hole Bill Evans Trio 良くも悪くもゆったりムードのライブ。
Trio 64 Bill Evans トリオ盤。「Santa Claus Is Coming To Town」収録。
Stan Getz & Bill Evans Stan Getz & Bill Evans サックス奏者Stan Getzと。熱い演奏からしっとり系まで。
Waltz For Debby (Monica Zetterlund) Monica Zetterlund Bill Evans 歌になった「Waltz For Debby」。
ボーナストラックに、衝撃的なEvansの歌唱も収録。
Trio '65 Bill Evans Trio 過去に録音済みの曲が多い。新鮮味はないけど完成度は高い。
Bill Evans at Town Hall Bill Evans Trio 拍手も含め上品な空気。
クラシックコンサートのような長めのソロメドレーも。
Intermodulation Bill Evans Jim Hall Jim Hallとのデュオ、第二弾。
A Simple Matter Of Conviction Bill Evans
Eddie Gomez
Shelly Manne
再びドラマーShelly Manneとの共演。こちらの方が好演。
At The Montreux Jazz Festival Bill Evans 最強トリオのライブ盤。
Alone Bill Evans ソロピアノ盤最高傑作。
What's New Bill Evans with Jeremy Steig フルート奏者Jeremy Steigとの一枚。
From Left to Right Bill Evans エレピ使い始めの一枚。
内容はムードミュージックっぽい。
1970年代     評価 初心者
向け
Piano Player Bill Evans 未発表音源集。
The Bill Evans Album Bill Evans エレピを併用する新時代トリオ。
The Tokyo Concert Bill Evans      
Eloquence Bill Evans 未発表音源集。
魅力的なソロピアノのテイクが多い。
The Tony Bennett Bill Evans Album Tony Bennett Bill Evans 男性ヴォーカルとのデュオで「Waltz for Debby」。
Alone(Again) Bill Evans ソロピアノ。『Alone』よりも少しパワフル。
Together Again Tony Bennett & Bill Evans 再びTony Bennettとの「デュオ」。後のアルバムタイトルにもなる「You Must Believe In Spring」も演奏。
I Will Say Goodbye The Bill Evans Trio 70年代後半の良作。トリオ編成。
You Must Believe in Spring Bill Evans 70年代スタジオ盤の傑作。高い完成度。
New Conversations Bill Evans 一人ピアノ多重録音続編。
Affinity Bill Evans
Toots Thielemans
ハーモニカ奏者との共演盤。エレピも結構弾いている。
Marian McPartland's Piano Jazz Bill Evans ピアニストとのラジオ番組出演時の音源。綺麗な録音でソロピアノを収録。
We Will Meet Again Bill Evans 最後のスタジオ盤。クインテット。
Practice Tape No.1 Bill Evans 自宅での練習音源。ファンならとても楽しめる。 ×
Consecration Bill Evans Trio 晩年のライブ盤。